営業代行が行なう業務の内容

営業代行には、アポハンターと呼ばれるアポ取りの専門家が多数在籍しています。企業業績を上向かせるためには、成約に繋がる見込み客を効率的に見つけることが必要です。小規模事業者の場合には、自社でマーケティング展開をする余裕もないでしょう。代行会社を活用することにより、社内でテレマーケティングを行なう必要がなくなり、成約に結びつくユーザーが見つかるようになるのです。

営業代行を使うことは、アポ取りの効率化だけではありません。自社にはない希少なノウハウを得る機会も得られます。立ち上げ当初のベンチャーの場合には、商材の勧め方や営業展開に関するノウハウが蓄積されていないものです。経験豊かな外部の代行会社を活用することにより、貴重な知見を社内に蓄積できるのです。

営業代行を依頼する会社の選び方

営業代行を依頼するにあたっては、会社が投じられる予算を定めておくことが大切です。代行会社のなかには、様々な料金体系を採用する企業が存在しています。毎月のコストが一定になる固定型から、成約単位に報酬が発生する形の成果報酬型など、会社によって採用されている料金体系は違うものです。

固定型の料金体系の場合には、月の経費は一定となりますが、成果が出なくても費用を支払うことも有り得ます。成果報酬型の場合には、成約単位に課金されていきますが、商材によっては固定料金より割高になるケースもあります。自社が扱う商材が数多く売れる場合には固定型の導入、粗利が高く販売数量が少ない商材だと成果報酬のように、扱う商材によって契約形態を変えていくのが良いでしょう。

営業代行は、優れた能力や経験を持つ従業員が不在の企業にとって、営業成績アップの手段として位置づけられることがあります。